放射能について

大黒屋果樹園では、桃からブドウ、リンゴ、米と収穫物はすべて検査を実施しています。
さらに独自により検出限界値が精密な、
「 ゲルマニウム半導体検出器型放射能測定装置」
による検査を、株式会社加速器分析研究所に依頼しています。
その結果、毎年放射性ヨウ素-131、放射性セシウム-134、放射性セシウム-137すべて、ND(NoDATA)となっております。
どうぞ安心してご賞味ください。

サンふじの放射能検査結果について

東京電力福島第一原子力発電所の放射能漏れ事故により、福島市内でも農水産物の影響が出ております。これらは、私たちの生産活動にも大きな影響を及ぼしていますが、福島市内でも地域・農産物の種類により放射線値は大きく差が出ております。

とはいえ、多くの地区では検査をしても放射能の値が出ない(もしくは、自然界にある通常の放射能の値と同じ)「ND」の検査結果が出ており、食べても全く問題の無い農産物の方が多いくらいです。

当園では、事故以来毎年サンふじの出荷に合わせ、実際に収穫した「サンふじ」を、株式会社加速器分析研究所に依頼して検査しています。検出限界値が精密な、「ゲルマニウム半導体検出器型放射能測定装置」を使用しての検査において、2017年も結果は「ND」となりました。
※当園のサンふじは、皮ごと食して頂くことが前提になりますので、皮を剥かず、丸ごと検査していただいております。

どうぞ安心して、当園の「サンふじ」をお求め頂きますようお願いいたします。


※画像をクリックすると、PDFでご覧頂けます

ももの放射能検査結果について

大震災以降、大黒屋果樹園から出荷する桃については、JA新福島様での全戸・全品種検査において、ND(検出限界値以下)とされていました。2019年もゲルマニウム半導体検出器による、より詳細な検査を行い、その結果、放射性ヨウ素-131、放射性セシウム-134、放射性セシウム-137すべてNDとの結果が出ました。
どうぞ安心して大黒屋果樹園の桃をお楽しみ下さい。


※画像をクリックすると、PDFでご覧頂けます

 

ぶどうの放射能検査結果について

大黒屋果樹園では、出荷するすべての果樹の放射線を、第三者機関に依頼し、計測しております。
2016年産のブドウについても、ND(検出限界値以下)との結果を頂きました。
どうぞ安心して大黒屋果樹園のブドウをお楽しみ下さい。


※画像をクリックすると、PDFでご覧頂けます

 

ジュースの放射能検査結果について

2018年も、当園の皮ごと丸しぼりリンゴジュースはじめ、その他のジュースからも、放射性物質は検出されませんでした。
詳細は下記をご覧下さい。
ゲルマニウム半導体検出器型放射能測定装置使用


※画像をクリックすると、PDFでご覧頂けます

 


市場に出荷されるのは、厳しい基準をクリアした食品だけ!

福島県内では、食品の放射性物質検査を丹念に実施しています。
その結果、、、

市場に出荷されるのは厳しい基準をクリアした食品だけです!

試験結果は、ふくしまの恵み安全対策協議会(https://fukumegu.org/ok/contents/)からご覧下さい。

放射性物質セシウムの基準値

平成24年4月にはそれまでの暫定基準値が見直され、さらに厳しい新基準値が設けられました。

食品 新基準値(1キロ当たり)
飲料水 10Bq
牛乳、乳児用食品 50Bq
野菜類、穀物、肉、卵、魚、乳製品、その他 100Bq

(厚生労働省)

食品中の放射性物質セシウムが表1の基準値以下の場合、普通に食事をしていると、1年間の被爆量が1mSv以下に抑えられます。

世界の国々と比べてみるとどうでしょうか?

国際機関、国 国際食品
規格委員会
(Codex Alimentarius)
米国 欧州 日本暫定規制値
(平成24年3月)
日本新基準値
(平成24年4月)
セシウム134
セシウム137
(Bq/kg)
1000(乳幼児用品)
1000(一般食品)
1200 400(乳幼児用食品)
1000(乳製品)
1250(一般食品)
1000(飲料水)
200(飲料水、牛乳、乳製品)
500(野菜類、穀物、肉、卵、魚、その他)
10(飲料水)
50(乳幼児食品、牛乳)
100(一般食品)

(厚生労働省)

大切なのは「放射性物質が出た」ということではなく、「何が」「どのくらい」出たのかを正しく理解することです

放射性物質の規制値比較表

飲料水 野菜 肉類 牛乳
ウクライナ 2 40 200 150 100
新基準値 10 100 100 100 50
暫定基準値 200 500 500 500 200
震災前 10 370 370 370 370
米国 1200 1200 1200 1200
中国 210 800 800
韓国 370 370 370 370

※単位は1kgあたりのベクレル

放射能新基準案の解説

今回の食品の放射性物質の新基準案について、厚生労働省はより安全性を重視したとしている。基準案作りでは、厚労省は年間の許容被曝(ひばく)線量を5ミリシーベルトから1ミリシーベルトに厳しくした。
具体的な基準値作りでは、平均的な食生活や放射性物質による影響度などを踏まえて、年代や性別ごとに許される値を出し、その中で最も厳しい値を採用した。年代区分も「1歳未満」「1~6歳」「7~12歳」「13~18歳」「19歳以上」と細かく分けた。
一般食品では、摂取量の多い「13~18歳」の男性で、最も厳しい1キロ当たり120ベクレルだったが、安全に配慮して、全体の基準値は100ベクレルとした。乳児用食品は、粉ミルクやベビーフードなど1歳未満の乳児が口にする食品が対象になる。一般食品の年代区分でも「1歳未満」の許容値を出しているが、安全性を重視して、一般食品の100ベクレルの半分の50ベクレルとしている。
厚労省が、上限である100ベクレルの一般食品などを1年間食べ続けた場合の被曝線量を推計すると、年間で約0.7ミリシーベルトになり、許容被曝線量とした1ミリシーベルトを下回ったという。推計では、国の食品摂取量調査など日本人の平均的な食生活を反映させた。通常、基準の上限値の食品を食べ続けることは考えにくく、一般的な食生活では、被曝線量はこれより低くなりそうだ。
国民が安心して食品を選べるよう、これらの安全性の根拠を十分に説明することが求められる。
―『朝日新聞社』(2011.12.21)―

ページ上部へ