大黒屋だより

大黒屋果樹園では、年に二回お客様に向けて「大黒屋だより.せっかくどーもない」を発行しております。

最新号:No.32 大黒屋便り 令和元年夏号

大黒屋便り 夏号
大黒屋便り 夏号
令和1年7月発行
No.32
読む[PDF]
冷夏が心配される福島ですが、いかがお過ごしですか。災害の絶えない日本です。ご健康をお祈り致します。皆様にはいつも当園をご利用いただき、心より感謝申し上げます。
昨年とは違い雨ばかりの毎日で、病気にならないよう丁寧に畑の管理をしております。モモの仕上がりは昨年より遅くなりそうですが、美味しい果実が出来るようただ今最終の仕上げをしています。またモニタリング検査は、変わらず公的及び民間の調査機関両方から放射線検査を実施し、安全で安心な果物をお届けしたいと思います。 
今年は、更に良品質の果物を目指してブドウ畑に雨よけハウスを増やしました。       
また、10月から消費税の増税で生活が懸念されますが、当園といたしましてはできる限り皆様のご負担をかけないよう努力してまいります。
その他、ご意見などお聞かせ頂ければ幸いです。

バックナンバー

ページ上部へ