ブログ

環境放射線

2011/04/16


大黒屋果樹園のある「福島市飯坂町東湯野」地区では、桃の花が咲き始めました。
果物王国・福島はこの後リンゴ、なし、サクランボなどの花が一斉に咲き始めます。
桜もこの週末で満開となり、百花繚乱です。

そんな中、福島県内各地で行われた、土壌に近い場所での「県内緊急放射線調査」の結果が発表されました。
東湯野地区の数値は以下の通り。

地面から1メートルの地点:0.72マイクロシーベルト
地面から1cmの地点:0.80マイクロシーベルト

共に低い数値です。

実はかなりどきどきしておりました。。
しかし、現状の数値であれば、農作物には全く心配がない。という数値であるということです。

ひとまず安心し、今年の美味しい果物作りを目指し、引き続き毎日の作業に入れます。

摘蕾作業

2011/04/11

摘蕾(てきらい)」作業を行っています。
摘蕾(てきらい)」とは、結実を安定させたり果実を大きくするために、開花前に蕾を摘む作業のことを言います。


水を使って作業をする、「水摘蕾(みずてきらい)」
市内ではまだ一般的ではありません。


ひとつひとつ、手作業で摘蕾を行っていく従来の方法。
こちらのほうが、一般的です。

東湯野地区は環境放射線の値も低いのですが、念のため、マスクと帽子など可能な限りの被曝対策はとっての作業。
1日8時間はがんばっております!

+燃料不足

2011/03/25

ガソリン、軽油、灯油などの燃料不足が深刻化しています。

現在、果樹園では武道の枝の皮剥ぎ作業が進行中。
皮を剥ぐ事により、ブドウの木の皮の間で越冬した虫を追い出したり、「晩腐病」という病気を予防する対策とするためです。

しかし、現在はガソリン不足により機械での作業が限定されております。
やむなく手作業で例年の半分の畑のみ、ようやく終わらせました。

こんなところにも、今回の大震災の影響が出ますね。。。

東日本大震災

2011/03/13

このたびの日本の観測史上最大の震災となった、東日本大震災において被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。


我が家も初めて体験する大揺れに、家の内外共に相当揺れました。
作業小屋の屋根の瓦も落ち、敷地内のお稲荷様も崩落しました。

しかし、壊れたものは修理すれば使えます。

失われた命は戻りません。。。

震災当日?13日までは消防団の関係で見回りなどをしておりました。
ふっこうは長い道のりになるかもしれませんが、出来ることをしていこうと思っております。

剪定作業と震災

2011/03/11

冬の季節の果樹園では、春を迎える準備がたくさんあります。

その中の大きな作業の一つが「剪定」作業。

樹木の枝を切って形を整え、風通しを良くします。
養分を効率よく利用させて成長 を促したり、病害虫の繁殖を予防する効果もある大切な作業です。
2月からずっとこの作業を続けていた3月11日、福島市内も大きな揺れに襲われました。

カテゴリー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

ページ上部へ